不労所得を得られる仕事をする方法とは?(前半)

フッター(最初)


l_096不労所得を得られる仕事をする方法とは?(前半)
こんにちは、このページをご覧いただきありがとうございます。

関連記事不労所得を得られる仕事をする方法とは?(後半)

さて、ご覧になった方に質問です。

不労所得を得られる仕事とはどのような仕事でしょうか?

 

 

 

少し考えてみて下さい。

 

 

 

 

不労所得は働かずして生み出された所得のことです。

 

 

 

 

答えを申し上げます。

不労所得を得られる仕事は・・・

1.不動産所有者
2.多額の金融商品保有者
3.ビジネスオーナー
4.ネットビジネス実践者

あたりではないかと思います。

関連記事不労所得生活へのあこがれがある方必見!おすすめの月に20万円稼ぐ方法とは!?

↑こちらの記事でも書きました。
不労所得を得られる方法とは、自分が働かずに「仕組み」に働いてもらい、お金を生み出してもらうことです。

不労所得を得られる仕事とは?

不労所得を得られる仕事というのは、「不労所得を得られるための仕組み作りをすること」です。

ですので、不労所得を得たいのであれば仕組み作りをするしかありません。

それでは、その仕組み作りのためにはどうすれば良いのでしょうか?

不労所得を得るための仕組み作りをするには?

先ほどご紹介した不労所得を得られる仕事とは

1.不動産所有者
2.多額の金融商品保有者
3.ビジネスオーナー
4.ネットビジネス実践者

でした。

順を追ってご説明します。

不動産所有者になるためには?

不動産所有者になれば不労所得を得られます。
そのために必要な事は、以下です。

◯不動産を全般的に理解すること
◯資金力があること(現金を保有する、もしくは、借入が出来るだけの体力がある)
◯不動産収入以外の安定的な収入があること
◯税務の最低限な知識を有すること

それでは、順を追ってご説明します。

◯不動産を全般的に理解すること

やはり、不動産所有者になりたければそのための知識を身につけることは肝要です。
知らないことに投資は出来ませんからね。

◯資金力があること(現金を保有する、もしくは、借入が出来るだけの体力がある)

あと、不動産を所有するためには多額のお金が必要になります。
全てを現金でカバーすることは難しいため借入をする必要があるケースが大半でしょう。

そのためには、クレジットカードの支払いを延滞するような事はもちろんNGです。

また、不動産購入資金を全て借入でカバーすることは、借入金返済と不動産収入のバランスが悪いため、不動産購入するための資金の一部は現金を補填すべきです。

◯不動産収入以外の安定的な収入があること

意外だと思われそうですが、不動産所有者は不動産収入以外の安定的な給料を得ている方が大半です。

不動産収入だけで生活することは夢ですが、不動産所有をしたばかりのうちは、借入金返済をしなければなりません。

不動産収入が長期安定的に入ってくる確証もないですから、しっかりとした会社に勤務しつつ不動産所有者になった方が無難です。

◯税務の最低限な知識を有すること

不動産を所有すると、固定資産税や、不動産取得税、所得税などの多額の税金が必要になります。
そのため、税金についての知識は必要です。

関連記事【元銀行員が伝える】初心者が不動産投資に成功する方法・ノウハウとは?

多額の金融商品保有者

株式の配当金だけで生活している方もいらっしゃいます。
そのような方も金融商品に働いてもらい、収入を得ているわけですから不労所得者です。

そのために必要なことは以下です。

◯金融商品・政治経済・税金等の知識を有すること
◯最初の投資資金を有していること

やはり、投資をするためにはある程度の知識と資金が必要です。
(資金については毎月積立で投資するような商品もありますが)

勉強と貯金がなければ、金融商品からの配当所得等だけで食っていくことは難しいでしょう。

不動産に関する話が多くなりましたので、続きは後半でお話します。

関連記事不労所得を得られる仕事をする方法とは?(後半)

私は無料のメール講座で個人が自由に稼ぐ方法を教えています

個人が自由に稼ぐ方法などを詳しく知りたい方は下の画像をクリックしていただくとメルマガ登録のご案内ページにつながります。
興味がある方は下のリンク画像をクリックしていただければと思います。

いつか仕事を辞めたいあなたへ~自由に生きる方法を無料メール講座でお伝えしています

フッター(最初)

無料メール講座登録はこちら↓

早大卒×元銀行員ネット起業家ハリーの無料メルマガ

One Response to “不労所得を得られる仕事をする方法とは?(前半)”

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ