脱社畜の働き方とはどのように達成するの?その3つの方法とは?

フッター(最初)


6549541787_5bda8f63dd_n脱社畜の働き方とはどのように達成するの?その3つの方法とは?

「脱社畜」を達成したい方は大勢いらっしゃるかと思います。
会社組織に縛られて働いたとしても、その会社組織がいつまでも安泰だという
そんな時代は今はありませんから、当然だと思います。

今回は、そんな「脱社畜」を実現させる働き方を達成する方法等について
ご紹介します!

そもそも「脱社畜」の定義とは?

そもそもの「脱社畜」というものの定義について一度おさらいしておきましょう!

「脱社畜」とは「社畜」を脱するという意味です。
「社畜」の定義がWikipediaに記載されていましたので、ご紹介します。

【以下、Wikipediaより引用:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A4%BE%E7%95%9C】

社畜(しゃちく)とは、主に日本で、勤めている会社に飼い慣らされてしまい自分の意思と良心を放棄し奴隷(家畜)と化したサラリーマンの状態を揶揄したものである。
「会社+家畜」から来た造語で、「会社人間」や「企業戦士」などよりも、皮肉が強く込められている言葉である。
英語圏では同様の概念として「wage slave」(賃金奴隷)が存在する。

とのことです。
「社畜」は日本だけで言われているのかと思っていたのですが、英語圏でも同様の概念があるんですね!

話しは逸れましたが、Wikipediaで説明されている「社畜」を整理すると、「脱社畜」を以下のように定義出来ます。
「脱社畜」=「自分の意思と良心を放棄し奴隷(家畜)と化したサラリーマンの状態を脱する」

「脱社畜」を達成するための手段は3つ

「脱社畜」を達成するするための手段は3つあります。
どのような手段があるかご紹介します。

「脱社畜」を達成するため、自分の意思と良心とつらぬく

1つは会社の中にいても「自分の意思と良心を持ち続ける」ことです。
上司に媚びへつらって出世する道を捨てて、自分の意思を曲げずにサラリーマン人生を全うすることです。

周りの反発がかなりあるでしょうから、会社に属した上で「脱社畜」を貫き通せる人は
かなりの意思を持っている人しか出来ないと思います。

私の知り合いにも同じような方がいました。

上司に何を言われたとしても、聞き流し続ける方でした。
「鉄のハートを持った男」と言われていましたが、案の定出世はされませんでした。

会社は、よっぽどの理由(「飲酒運転」など)が無い限りは基本的には従業員を解雇することが出来ません。
そのため、聞き流しつづけていたとしても、会社はその従業員を解雇は出来ないです。

ただ、解雇に追い込むケースはあるようですが。
そんな過ごし方で「脱社畜」を達成しても、全然人生が豊かにならないとは個人的に思います。

次は、ポジティブな方法で「脱社畜」を達成する方法をご紹介します。

「脱社畜」を達成するために、会社を辞める

「脱社畜」を達成するするために最も簡単でポジティブな方法は退職することです。

関連記事会社を辞める勇気がない人へ送る、私が銀行を退職した理由。

↑こちらの記事を呼んでいただければお分かりいただけるかと思いますが、会社を退職するのは勇気が必要です。
でも、その勇気を出して、一歩新しい自由な世界に踏み込めば、人生が豊かになります。
(人生を豊かにするための戦略はもちろん必要ですが・・・)

会社を辞めて困る最大のことは、収入が途絶えることだと思います。

その収入が途絶えるということがなければ、会社を辞めて困る最大の理由が無くなる方も多いと思います。
(会社を辞めると、収入が途絶える以外にも、今まで親密だった先輩・同僚などとも関係が希薄になることももちろんあります。)

もし、この文章をお読みの方で、「脱社畜」を達成したい方は私は無料メール講座で個人が自由にお金を稼ぐ方法を教えているので無料メール講座を受講しませんか?
興味がある方は下のリンク画像をクリックしていただければ、無料メール講座の案内ページとなります。

人は誰しも、今いる場所から違う場所へ移る時に不安になります。
そんな不安を解消する1つの手段として、私を利用していただければと思います。

ちなみに、「脱社畜」を達成する3つ目の方法は、
会社ではそこそこ上手くやって、副収入を作るという方法です。

そういった方法で「脱社畜」を達成したい方も私の無料メール講座を受講していただければと思います。

いつか仕事を辞めたいあなたへ~自由に生きる方法を無料メール講座でお伝えしています

フッター(最初)

無料メール講座登録はこちら↓

早大卒×元銀行員ネット起業家ハリーの無料メルマガ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ