シェアリングエコノミー(共有型経済)とは?日本や海外の市場規模は?

フッター(最初)


4743382124_ddec55e854_nシェアリングエコノミー(共有型経済)とは?日本や海外の市場規模は?

2015年3月30日に日経BP社が発売した「日経ビジネス」を読んでいたら非常に面白い記事がありました。

楽天の創業者である三木谷浩史さんとインタビュー記事だったのですが、非常に興味ふかい内容だったので、ご紹介します。

三木谷浩史さんが紹介した「シェアリングエコノミー」(共有型経済)

三木谷浩史さんがこれから伸びてくる分野として「シェアリングエコノミー」(共有型経済)を紹介されていました。
あの三木谷浩史さんが紹介している情報ですので、きっと成長可能性が高い分野だと思います。

その「シェアリングエコノミー」とはどのような概念なのでしょうか?

「シェアリングエコノミー」(共有型経済)とは?

「シェアリングエコノミー」とは・・・

【以下、TechCrunchより引用:http://jp.techcrunch.com/2015/02/26/jp20150226_techcrunch-school-share/】

ゆるやかな信頼をベースに、今余っているモノや人、リソースを今必要としている人に提供する事業の総称

とのことです。
アメリカのシリコンバレーではかなり流行っていて、日本にも浸透しつつある「個人の遊休資産を活用した」ビジネスモデルです。

例えば、余っている部屋を貸し出す宿泊サービス「airbnb」やタクシー・ハイヤーのサービス「Uber」などは既に日本でもサービスが開始しています。

「Uber」に関しては、法律に抵触すると考えうるようなケースがあったため、サービスが始まって間もなく国土交通省が「待った」をかけたそうですが・・・。

日本発の駐車場シェアサービス会社「akippa」もあります。
こちらは、駐車場を貸したい人と借りたい人をマッチングするサービスです。

いずれにしても、シェアリングエコノミーに関連するサービスが破竹の勢いで広まっているようです。

「シェアリングエコノミー」(共有型経済)の市場規模は?

「シェアリングエコノミー」の市場規模はどのくらいあるのでしょうか?
伸びていく市場となるのであれば、現時点で規模が小さいほどチャンスがあるかと思います。

世界のシェアリングエコノミーの市場規模は、2014年時点で2兆6,000億円と言われています。

birth-of-the-sharing-economy - コピー

(出典:http://www.listia.com/birth-of-the-sharing-economy)

市場拡大の勢いはどんどんと拡大しているようです。
ちなみに、日本におけるシェアリングエコノミーの市場規模は調べたところ申し訳ないのですが、分かりませんでした。

ただ、私たちの生活にまだ全然根付いているものではないので、伸びる可能性は大いにあると考えられます。

なぜ「シェアリングエコノミー」(共有型経済)が今後広まるのか?

なぜ、「シェアリングエコノミー」(共有型経済)が今後広まるのでしょうか?
以下の2つの理由が考えられます。

1.経済的なメリットがあるから
2.環境への負荷が軽減出来るから
3.新たなコミュニティーが生まれる魅力があるから

それぞれの理由についてみていきましょう!

「経済的なメリットがある」理由とは

ロンドン・パリ・ニューヨークなどの世界的な大都市では自転車のシェアサービスが既にあります。
専用のアプリを使用すれば自分の近くのステーションで利用可能な自転車を探せ、また、安い価格で利用できます。

そういった「安さ」が経済的なメリットの1つです。これは貸してもらって利用する側のメリットです。
つまり、貸出をする側にもメリットがあります。何故なら、貸し出すことで金銭的なメリットを享受出来るからです。

「環境への負荷が軽減出来る」理由とは

先ほど、自転車のシェアサービスの例を挙げましたが、「環境への負荷を軽減出来る」理由についても同様に考えていきたいと思います。

自転車を購入する必要が無ければ、自転車が廃棄される可能性は減るでしょうし
それが環境への負荷を軽減することにも繋がります。

また、カーシェアリングにおいても車の使用が減り、年間CO2排出量も軽減出来るというデータがあるようです。

28348cf759018dfde8633864678c78c6

(出典:http://www.shinnihon.or.jp/shinnihon-library/publications/issue/info-sensor/2014-08-02.html)

現代は大量生産・大量消費で物があふれている時代ですから、このようなシェアサービスが広まることで無駄なゴミやCO2までも削減できる効果があるんdねすね!

「新たなコミュニティーが生まれる魅力がある」理由とは

この理由はすぐお分かりいただけると思います。

新たなサービスが登場することで、
今まで出会うことがなかったサービスを「貸す側」と「借りる側」で新たな出会いが生まれる可能性がありますよね。

例えば、車の相乗りなどで出会った人が結婚するかもしれなかったり等、そのような偶然が起こる可能性があるかと思います。

新たなビジネスの種を探す

私は、インターネットでお金を稼ぐ方法を無料メール講座やスカイプ等で教えています。
その理由は、「お金」で悩み苦しむ方を救いたいという気持ちがあるからです。

そのためには、最新の情報を常に雑誌などやビジネススクール仲間などとの会話から入手するよう心掛けています。

関連記事インターネット広告の市場規模は1兆円?今後の推移予測は?

このような情報も、無料メール講座では発信していきますので、インターネットビジネスに興味が無い方も楽しんでいただける内容の情報もあります。

下のリンク画像をクリックしていただけたら、無料メール講座の案内ページに飛びます。
自分でお金を稼いで独立したい方、副収入を得たい方、最新のビジネス情報を入手したい方は気軽に登録して下さいね。

いつか仕事を辞めたいあなたへ~自由に生きる方法を無料メール講座でお伝えしています

フッター(最初)

無料メール講座登録はこちら↓

早大卒×元銀行員ネット起業家ハリーの無料メルマガ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ