【仕事】フリーランスの仕事って一体いくらぐらい稼げるものなの?

フッター(最初)


8865584540_b5307795be_n【仕事】フリーランスの仕事って一体いくらぐらい稼げるものなの?
ノマドワーカーや、フリーランスなどが一時期テレビや雑誌で取り上げられました。
一体全体、ノマドワーカーやフリーランスの方々ってどのくらい稼いでいるのでしょうか?

フリーランス・ノマドワーカーとは

そもそも、フリーランスやノマドワーカーの定義はどのようなものなのでしょうか?

フリーランスとは

【以下、Wikipediaより引用:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9】

フリーランス(英: freelance)は、特定の企業や団体、組織に専従しておらず、自らの才覚や技能を提供することにより社会的に独立した個人事業主もしくは個人企業法人である。略してフリーと呼ばれる。企業から請け負った業務を実際に遂行する本人をフリーランサーと呼ぶ。日本語では自由契約(ただし、プロスポーツでの選手契約を更新しないことを指す「自由契約」が有名なため、フリーランスを指して自由契約と呼ぶことはほとんどない)。一般的な職業分類では個人事業主や自由業に該当する。

ノマドワーカーとは

【以下、コトバンクより引用:https://kotobank.jp/word/%E3%83%8E%E3%83%9E%E3%83%89%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC-672894】

《ノマドは遊牧民の意》自宅や会社のオフィスではなく、喫茶店やファーストフード店などでノートパソコンやタブレット型端末などを使って仕事をする人。ノマド族。

ほかにも、ノマドワーキングの定義についてご紹介します。

【以下、はてなキーワードより引用:http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%CE%A5%DE%A5%C9%A5%EF%A1%BC%A5%AD%A5%F3%A5%B0】

「オフィスのない会社」「働く場所を自由に選択する会社員」といったワークスタイル。

満員電車や残業から開放され、自分の時間を増やす豊かな働き方として注目されている。

「ノマド」とは遊牧民のことであり、いつも決まった場所ではなく、カフェや公園、お客さんのオフィスなどでノートパソコン、スマートフォンなどを駆使しネットを介して場所を問わずに仕事を進めること。「サードプレイス」という自宅でもなく、オフィスでもない、第三の自分の居場所で仕事を行う新しいスタイル。
ノマドワーキングの指南書「仕事するのにオフィスはいらない」の著者、佐々木 俊尚さんはノマドワーキングを行うにあたって以下の必要な資質を挙げている。
1.アテンション(集中力、注意力)のコントロールができること。
2.情報をコントロールできること。
3.仲間とのコラボレーション(連携、協調)をコントロールできること。
また、ノマドワーキングを行うにあたって、仕事を行う意欲、集中力が高まっているときに、いつでも、どんな場所でも仕事が快適にできるように環境を整えておくことが必要とされる。そのために必須なのがクラウドサービスである。

いくらぐらい稼げるのか?

フリーランスやノマドワーカーはどのくらいの金額を稼いでいるのでしょうか?

稼いでいる人と稼いでいない人の違いが非常に大きそうなイメージがあります。
弁護士等はある意味フリーランスのようなものだと思います。

専門的な知識を武器に、企業から依頼を受けたら短期的につきっきりになって問題解決へと向かい、その問題が収束したら違う仕事を請け負うような弁護士もいらっしゃるかと思います。

弁護士の平均年収は平成17年度は2,000万円を超えていましたが、平成24年度は642万円と約3分の1まで減少しています。
ロースクール制導入に伴い、弁護士の数が増加した事に伴い競争が激化している非常に厳しい業界ですが、稼いでいる弁護士の方もいらっしゃるようです。

五大法律事務所(『西村あさひ法律事務所』『長島・大野・常松法律事務所』『森・濱田松本法律事務所』『アンダーソン・毛利・友常法律事務所』『TMI総合法律事務所』)に勤務している弁護士の中には年収10億円ほどの弁護士もいらっしゃるようです!!!

一方で、年収200~300万円の弁護士もいらっしゃるようです。

弁護士の世界は華やかでみなさんが稼いでいそうなイメージがありますが、ピンからキリまでのようです。
おそらくフリーランス・ノマドワーカーの世界も同様だと思われます。

ネットビジネスでは・・・

ちなみに、私が今身をおいているネットビジネスの世界では、月に3万円以上稼げる人がネットビジネス参入者の3%しかいらっしゃらないようです。ただ、正しい道筋を最短で進むことが出来れば、そのような状況にはならないと考えています。

このブログでは個人が自由に稼ぐ方法を無料のメルマガでお伝えしています。興味がある方は下のリンク画像をクリックして下さい。

いつか仕事を辞めたいあなたへ~自由に生きる方法を無料メール講座でお伝えしています

フッター(最初)

無料メール講座登録はこちら↓

早大卒×元銀行員ネット起業家ハリーの無料メルマガ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ