孫子の兵法に学ぶ「戦略」をネットビジネスに活かすには?

フッター(最初)


6130410451_7fe725b6ce_n孫子の兵法に学ぶ「戦略」をネットビジネスに生かすには?
「孫子の兵法」を読んだことがある方は沢山いらっしゃるかと思います。
私は以前読もうとトライしてみましたが、お恥ずかしいながら全てを読むことは出来ませんでした。

今回は「孫子の兵法」をネットビジネスに活かすをテーマにしたいと思います。

「孫子の兵法」とは

【以下、Wikipediaより引用:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AD%AB%E5%AD%90_(%E6%9B%B8%E7%89%A9)】

『孫子』(そんし)は、中国春秋時代の思想家孫武の作とされる兵法書。
後に武経七書の一つに数えられている。古今東西の兵法書のうち最も著名なものの一つである。

『孫子』が書かれたのは紀元前500年あたりだったようです。現代から2,500年前に書かれた書物ですが、この『孫子』を参考にしている経営者が非常に多いようです。

『孫子』を参考にしている経営者は?

ソフトバンクの創業者である孫正義さん、マイクロソフトの創業者であるビル・ゲイツさん、このお2人は『孫子』を参考に経営をされているようです。
経営者の他にも、巨人軍の元監督である長嶋茂雄さんやサッカー選手として大活躍したブラジルのロナウドなども参考にされていたようです。

「孫子の兵法」で情報について述べられている一節は?

ネットビジネスというのは、やはり情報というものを使ったビジネスという風に分類出来るかと思います。もちろん。そうではない部分もあるかとは思いますが。

「孫子の兵法」の中で情報について述べられた一節があるようですので、ご紹介します。

「明君賢将が、戦えば必ず敵を破ってはなばなしい成功を収めるのは、相手に先んじて敵情を探り出すからである」

という一節があります。
この一節の意味を平たく言うと、「相手の不意をついたり、裏をかいたりすることが勝利を導く」といった意味のようです。

常に最新の情報を取り入れる

ネットビジネスの世界では、どれだけ最新かつ精度の高い情報を入手出来るかが、直接稼ぐ金額に関わってきます。
私はネットビジネスを2014年8月から開始しましたが、仮に10年前に開始していたとしたら、おそらくより多くの金額を稼ぐことが出来たのではないかと思います。

私がネットビジネスのとりかかりとして行なったトレンドアフィリエイトという手法は、今ではネットビジネスの中では割りと有名な手法でしょう。
ですので、それだけライバルが多い市場になるということです。

仮にライバルがいない市場を見つけることができたら、かなりの確率で稼ぐ事ができるのではないでしょうか。

「孫子の兵法」を読めば

「孫子の兵法」をネットビジネスに活かすことは可能だと思います。
また、情報に関する一節だけではなくても、活かせる事が多々ありそうですので、今後「孫子の兵法」をどのようにネットビジネスに活かす事ができるかについての記事もご紹介出来ればと思います。

私はこのブログでインターネットで個人が自由に稼ぐ方法についてお伝えしています。興味がある方は下のリンク画像をクリックして下さい。

いつか仕事を辞めたいあなたへ~自由に生きる方法を無料メール講座でお伝えしています

フッター(最初)

無料メール講座登録はこちら↓

早大卒×元銀行員ネット起業家ハリーの無料メルマガ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ