住宅ローンの返済が苦しい方必見!返済を軽減する3つの方法について

フッター(最初)


3905145183_0bd93e2307_n住宅ローンの返済が苦しい方必見!返済を軽減する2つの方法について
住宅ローンの返済が苦しい方、沢山いらっしゃるかと思います。せっかくのボーナスも住宅ローンの返済に消えていくという状況は普通にあるのではないでしょうか?

関連記事:【マネー】元・銀行員が教える効率の良い貯金の仕方とは?

そんな方へ、元・銀行員の私が少しでもお役に立てればと思い返済を軽減する方法についてお伝えさせていただきます。、

住宅ローン返済軽減対策その1

住宅ローンの返済を軽減する方法の最も代表格は住宅ローン借り換えではないでしょうか?

一般社団法人全国銀行協会のHPに住宅ローン借り換えシミュレーションが出来るページがありますので、ご紹介します。

※借り換えシミュレーション

こちらの式に入力をするためには、以下の数値が必要です。

◯現在の住宅ローンの残高(ボーナス返済をされている場合はボーナス返済の内訳)
◯残りの返済期間
◯現在お借り入れの借り入れ金利
◯借り換え後の借り入れ金利

金融機関で借り入れされた時に郵送で頂いた返済予定表があれば事足りるかと思います。

変動金利を選択されていらっしゃる方は、借り入れ後に金利が変動した可能性があります。
そういった場合は、返済予定表が再度郵送されたかと思いますので、お間違えないようにして下さいね!

住宅ローン借り換えのデメリットは?

現在お借入れされている金融機関との金利交渉です。

住宅ローン借り換えにはデメリットがあります。
そのデメリットとは、登記費用です。

A銀行で借り入れされている3,000万円の住宅ローンをB銀行で借り換えされる場合、登記費用が発生します。

登記費用とは・・・

住宅ローンはご自宅の土地・建物を担保に融資を受ける仕組みです。
土地・建物を担保に入れる手続きは、司法書士の方が主に行なっている業務なのですが、その手続には費用が発生します。
一般的には借り入れ金額の0.4%ほど必要になります。3,000万円の場合だったら12万円です。

登記費用以外にも、契約書の印紙税などがかかりますので、A銀行で借り入れしている3,000万円をB銀行で借り換えし自己資金を投入されない場合だと、もろもろで3,050万円前後を借り入れするという形になります。

つまり、借入金額は50万円前後増加することになるのです。確かに、金利が下がることでメリットが発生するような場合でないと借り換えをすることはないとは思います。
しかし、ベストなのは現在借り入れされている銀行から登記費用など発生することなく金利を下げてもらうことなのではないでしょうか?

住宅ローン返済軽減対策その2

ということで、次の方法としては、現在お借入れされている金融機関との金利交渉です。
簡単に言うと、現在借り入れされている銀行に金利を下げてもらうよう依頼することです。

これ、実は結構よくあることなんです。

以下の話しは覚えておいて損はない話ですので、よかったら覚えていただければと思います。

A銀行のはライバルのB銀行があるとします。
あなたはA銀行で住宅ローンを借り入れしています。

A銀行にふと立ち寄った時に住宅ローン担当窓口でこのようなお話をしてみてください。

「最近、B銀行さんが自宅に来て、住宅ローンの借り換えをしませんかと提案されました。実は借り換えを検討しているんですよね」と。

A銀行の担当者は「借り換えされたらまずい・・・」と思うはずです。
そして、担当者はこのように言うでしょう。

「B銀行さんの金利はどのくらいなのですか?」と。

もしよかったらB銀行のホームページで調べた上で「たしか、1%を下回るような金利だったと思う」とでも話してみてください。

すると、「ちょっとお待ちいただいてよろしいですか?」と担当者は言い、店舗後方にいるしかめっ面の上司に相談しに行くでしょう。
そして相談が終わり、あなたにこのような話をするはずです。

「私ども(A銀行)で現在お借入れされている金利を下げるということで、借り換えのご検討を中止していただけませんか?」と。
この状況で、B銀行で借り換えした場合に提示された金利と同程度だったら、必ずメリットがあるでしょう。

しかも、前述した登記費用等の費用は一切かかりません。

住宅ローンの借り換え、金利交渉が厳しい場合は?

ただ、住宅ローンの借り換えや金利交渉が厳しい場合もあるかもしれません。
例えば、住宅ローン返済を延滞している場合などです。

借り換えの審査では否決になるでしょうし、現在お借入れ中の金融機関からしても、返済を延滞する方の金利交渉には応じない可能性が高いでしょう。
そういった方が一番住宅ローンの返済に困っているんですがね・・・。

そういった場合は、副収入を作り出して返済に充てるという考え方はいかがでしょうか?

私はメルマガで個人が自由に稼ぐ方法を無料で教えています。

個人が自由に稼ぐ方法などを詳しく知りたい方は下の画像をクリックしていただくとメルマガ登録のご案内ページにつながります。興味がある方は下のリンク画像をクリックしていただければと思います。

いつか仕事を辞めたいあなたへ~自由に生きる方法を無料メール講座でお伝えしています

フッター(最初)

無料メール講座登録はこちら↓

早大卒×元銀行員ネット起業家ハリーの無料メルマガ

4 Responses to “住宅ローンの返済が苦しい方必見!返済を軽減する3つの方法について”

  1. […] 関連記事:住宅ローンの返済が苦しい方必見!返済を軽減する3つの方法について […]

  2. […] 関連記事:住宅ローンの返済が苦しい方必見!返済を軽減する3つの方法について […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ