企業が支給する退職金の平均相場はいくら?この4年で激減!民間企業退職金実態調査で明らかに!?

フッター(最初)


Huge Mountains Isolated on Gradient Blue Sky企業が支給する退職金の平均相場はいくら?
この4年で激減!民間企業退職金実態調査で明らかに!?
退職金がいくらくらい出るのか、退職間近な人にとっては非常に気になることかと思います。

関連記事サラリーマンにとっての関心事は会社が倒産することって本当!?

退職間近の方でなかったとしても、これから住宅ローンを借りられる予定の方は「退職するタイミングで退職金で住宅ローンを完済しよう」と考えられている方もいらっしゃるかと思います。

関連記事住宅ローンの返済が苦しい方必見!返済を軽減する3つの方法について

住宅ローンを借りられる方にとっても、「ご自分の退職金の金額」を知ることは重要でしょう。
ということで、企業が支給する退職金の平均相場等についてお伝えしたいと思います。

退職金の平均額は?

【以下、厚生労働省が平成25年に調査した就労条件総合調査結果を参考】

平成24年度に勤続20年以上かつ45歳以上の退職者に給付した退職金は以下です。

◯大学卒(管理・事務・技術職)・・・1,941万円(定年)/1,807万円(会社都合)/1,586万円(自己都合)/1,966万円(早期優遇)
◯高校卒(管理・事務・技術職)・・・1,673万円(定年)/1,573万円(会社都合)/1,159万円(自己都合)/1,945万円(早期優遇)

定年退職か会社都合か自己都合か早期優遇かで異なりますが、1,000万円~2,000万円未満の範囲で退職金が給付されるようです。

この4年で退職金は激減!?

実は、この4年間で退職金は激減しているようなのです。

平成20年度に勤続20年以上かつ45歳以上の退職者に給付した退職金は以下です。

◯大学卒(管理・事務・技術職)・・・2,280万円(定年)/2,125万円(会社都合)/1,542万円(自己都合)/2,626万円(早期優遇)
◯高校卒(管理・事務・技術職)・・・1,970万円(定年)/1,928万円(会社都合)/1,682万円(自己都合)/2,204万円(早期優遇)

非常に厳しい数字だと思われませんか?
下で見やすくまとめます。

減額幅は?

平成24年度の退職金を受け取った大学卒(管理・事務・技術職)の方の場合、4年前との金額の比較は以下です。

◯定年退職・・・1,941万円(4年前比▲339万円)
◯会社都合・・・1,807万円(4年前比▲318万円)
◯早期優遇・・・1,966万円(4年前比▲660万円)

非常に減額されていますよね。
たったの4年でこれだけの金額が減額されているのですから、アベノミクスで給与は増加傾向にあるのかもしれませんが、平成28年度にどのような数値になるか非常に興味がわきます・・・。
(ちなみに、私は個人事業主のようなものですので退職金はないのですが・・・)

退職金は自分で稼ごう

これからは、会社に頼るような時代ではないと私は考えています。
やはり、日本航空のように、大手の上場企業であったとしても潰れる可能性があるような時代です。

関連記事サラリーマンの生涯賃金っていくら?住宅購入費用・学費・老後資金はいくら必要?

私はメルマガで個人が自由に稼ぐ方法を無料で教えています。

個人が自由に稼ぐ方法などを詳しく知りたい方は下の画像をクリックしていただくとメルマガ登録のご案内ページにつながります。興味がある方は下のリンク画像をクリックしていただければと思います。

いつか仕事を辞めたいあなたへ~自由に生きる方法を無料メール講座でお伝えしています

フッター(最初)

無料メール講座登録はこちら↓

早大卒×元銀行員ネット起業家ハリーの無料メルマガ

2 Responses to “企業が支給する退職金の平均相場はいくら?この4年で激減!民間企業退職金実態調査で明らかに!?”

  1. […] 関連記事:企業が支給する退職金の平均相場はいくら?この4年で激減!民間企業退職金実態調査で明らかに!? […]

  2. […] 関連記事:企業が支給する退職金の平均相場はいくら?この4年で激減!民間企業退職金実態調査で明らかに!? […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ