資産運用初心者必見!銀行で投資商品を買ってはいけない理由とは・・・

フッター(最初)


6687056323_bea7b34dfa_n資産運用初心者必見!銀行で投資商品を買ってはいけない理由とは・・・
元銀行員のハリーです。
アベノミクスによる円安と株高の影響で、これから投資を始めてみようと思われている方は多いのではないでしょうか。

関連記事:【元銀行員が伝える】初心者が不動産投資に成功する方法・ノウハウとは?

資産運用を定義する

資産運用とは、「資産」を「運用」するわけですが、どのような方法があるでしょうか。

株式投資、投資信託購入、債権購入、外貨預金、FX投資、不動産投資、金等の現物投資などが考えられるでしょう。

今回は、株式投資、投資信託投資などの株式相場に関わる投資についてご説明したいと思います。

投資信託とは?

投資信託とは、様々な株式・債権などが含まれている商品です。
運用のプロであるファンドマネージャーが運用を行うことから、個人投資家でもプロを信じて運用を託すという意味で投資信託と言われています。

資産運用を始めるには

株式投資・投資信託を検討されている方は、どこで資産運用を始めれば良いか色々と迷われるのではないかと思います。

以下のような場所が考えられるでしょう。

◯証券会社窓口
◯銀行窓口
◯ネット証券
◯不動産会社

これらの中でどの場所で資産運用を始められますか?

銀行員としての経験から、銀行窓口で資産運用はしない方が良い

銀行員としての勤務経験を基に申し上げます。
銀行窓口で資産運用をしない方が良いです。

銀行窓口では現状、株式投資は出来ません。投資信託購入や外貨預金、国債などの債券購入は可能です。

株式投資は投資信託購入よりもリスクが高いとは言われていますので、株式投資をしないものの相場ものに投資されたい方は投資信託購入をされます。
そして、「証券会社の人はなんか胡散臭いから銀行の人がおっしゃるから銀行で申し込む」という方が非常に多かったです

銀行員は相場が苦手!?

私が尊敬する銀行時代の先輩の中には、株式相場はもちろんのこと節税対策のための保険活用などにも明るい方がいました。
その方から私は直接、投資を学びました。

2008年に起こったリーマン・ショックの時期に私は投資信託を販売していました。
その時の相場変動は凄まじく、日経平均株価が1日で1,000円以上下落したかと思えば、翌日には1,000円近く値上がりするといった相場環境でした。

私は、株式相場に明るい先輩からの情報を逐一確認しながら、お客様と運用方針についての打合せをし、タイミング良く売買をするよう努めていました。

ただ、銀行の上司にはそれを面白く思っていない方が非常に沢山いらっしゃいました。

理由は「投資信託とは長期間で保有するもの」という認識だったからです。皆さん、本当に頭が堅いんですよね・・・。投資信託といえども相場ものですからフレキシブルな対応をすべき商品なのですが・・・。

ちなみに、リーマン・ショック前の日経平均株価は16,000円前後でした。
あれから結局、日経平均株価は7,000円を下回る時期もあり、今やっとリーマン・ショック前の株価水準を回復しています。
仮に長期間保有し続けたら価格が回復するまでに約7年もの時間が必要になりました。

私のお客さんは乱高下する相場の中で、日経平均株価に連動する商品を売り買いすることや、異なった商品を販売することであのリーマン・ショックの時期であったのにも関わらず、5,000万円が半年で6,500万円にまで膨れました。

仮に、私が組織に忠実な銀行員であったのならお客様に損をさせていたことでしょう。

投資信託・債権は証券会社でも購入できる

以上のように投資信託は相場ものであり、銀行員は相場ものを扱う組織醸成が未だに出来ていない状況です。
やはり、相場ものを購入されるなら証券会社が良いのではないかと思います。

あと、初心者の方はまず投資に関する簡単な本を読んでみることをおすすめします。
そうしないと、証券会社の担当者の言いなりになるからです。

まず、ご自分の投資スタンスを固めるために勉強をすることが大切ではないでしょうか?
そして、相場もの商品は銀行ではなく証券会社でした方が無難かと思います。

あと、ちょっと、宣伝させて下さい。

私はメルマガで個人が自由に稼ぐ方法を無料で教えています。

個人が自由に稼ぐ方法などを詳しく知りたい方は下の画像をクリックしていただくとメルマガ登録のご案内ページにつながります。興味がある方は下のリンク画像をクリックしていただければと思います。

いつか仕事を辞めたいあなたへ~自由に生きる方法を無料メール講座でお伝えしています

フッター(最初)

無料メール講座登録はこちら↓

早大卒×元銀行員ネット起業家ハリーの無料メルマガ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ