個人事業主が仕事でモチベーションをあげる・保つためには

フッター(最初)


6797277757_74a618d76e_n【コラム】個人事業主が仕事でモチベーションをあげる・保つためには
個人事業主が仕事のモチベーションをあげたり保つというのは、実は意外に難しいことなのだと最近実感しています。

関連記事:【マネー】個人事業主が入ると良い保険ってどんな保険なの?

というのも、会社で働くサラリーマンでしたら、「上司に言われたから」「組織のために」といった「強制力」が半ば働きます。
ですが、個人事業主というか1人で仕事をフリーでするフリーランスのような立場であれば、なかなか会社組織のような「強制力」が働きません。

会社を辞めたことの不安からくる切迫感はもちろんありますが・・・。

まだまだ私も自分のモチベーションを一定に保つことが出来ていない状況下でこのようなコラムを書くのもどうかとは思いましたが、個人事業主がモチベーションをあげる方法についてご紹介します。

仕事の習慣化を

私は、現在、会員制ライブラリーで作業を行なっています。
実は、午前10時から午後10時まで利用できます。
(ちなみに、今もそのライブラリーにいます)

関連記事:【コラム】個人事業主がオフィスを借りるべきかどうかについて。

午前10時ちょっとすぎには、このライブラリーに来て、なるべく遅い時間までこのライブラリーで作業をするように決めています。

そう決めて行動すれば、ある程度の習慣化が実現し、仮にライブラリーで作業しなかったら「なんか気持ち悪いな・・・」と思うようになります。

1人で何でも行うので、誰かから指図されることがない代わりに自己管理が出来なければ成り立たないのが個人事業主の仕事だと思います。
私は意思がそこまで強い人間ではないので、仕事を習慣化するために上記のような環境を探し、継続しています。

あの悔しかった時の事を思い出せ!!!

私は、早稲田大学を卒業してから約10年間銀行に勤務していました。
その時に様々な仕打ち(?)に合いました。

そして、結局は自分1人の力で稼ぐような人生を選択しました。

でも、もし銀行での人間関係が素晴らしいものだった辞めてなかったかもしれません。

だから、私が辞めることになった原因の1つであった「上司との人間関係」が非常に良好だったら、今もまだお給料の高い銀行で働いていたかもしれません。

あの頃の事を思い出すと、本当に悔しいです。

だからこそ・・・・

「自分のモチベーションが下がってきたな・・・」と感じたら「あの頃の仕打ち(?)」を思い出すようにしています。

「絶対にあいつ(上司)の10倍のお金を稼ぐようになってやる!」と今でも本気で思っています。

息抜きも大切

個人事業主は365日毎日仕事をしようとすれば出来てしまいます。

2ヶ月ほど前、私が幼い頃から行きつけだったお寿司屋さんの店主が倒れてしまいました。

その店主はまだ50代前なのにも関わらず、今現在クモ膜下出血のせいで意識不明の重体です。

非常に真面目な方で、1週間のうちで休みは日曜日の昼間だけでした。

年末年始もお盆も8時すぎにはお店の開店準備をされていました。

私は、あのお寿司がもう二度と食べられないかもしれないことを思うと胸が苦しくなります。

個人事業主で真面目すぎる方はこのような働き方をしてしまうことになりかねません。
体を壊してしまったら、仕事も本末転倒です。

だって、幸せになるために仕事をしているのですから。
体を壊したら家族も自分も不幸になります。

だからこそ、息抜きも大切だと私は思います。
息抜きのし過ぎには注意したいものです!?

いつか仕事を辞めたいあなたへ~自由に生きる方法を無料メール講座でお伝えしています

フッター(最初)

無料メール講座登録はこちら↓

早大卒×元銀行員ネット起業家ハリーの無料メルマガ

One Response to “個人事業主が仕事でモチベーションをあげる・保つためには”

  1. […] 関連記事:【コラム】個人事業主が仕事でモチベーションをあげる・保つためには […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ