人生の転機とは突然やってくる!自分の決断が最も重要!

フッター(最初)


136人生の転機とは突然やってくる!自分の決断が最も重要!
人生の転機に関する記事を以前投稿しました。今回はその続編記事を投稿します。

関連記事人生の転機の前兆・前触れは?キーワードは「居心地」!

関連記事人生のやり直しが可能な年齢は?何歳くらい?

人生の転機は突然やってくる場合があります。私の場合、人生の転機が実は1年前にありました。

人生の転機は突然

私の人生の転機を振り返ってみると、直近での転機は家族の病気でした。
父親が重たい病になり、父の死というものを意識せざるを得ない状況でした。

幸い、今では病状は回復しましたが、またいつ死に追いやられるかは分かりません。

父の死に直面した時、私は自分自身の人生をこのままで終わらせたくないと思いました。
そのように思った理由は色々あります。一番大きな理由は、親には自分が活き活きと生きている姿を見せたいと思っていたからです。

私は大学卒業後に入社した大手銀行を約10年で退職しましたが、銀行で働いている自分のことが好きになれませんでした。

もちろん、同じ職場には銀行員である自分に誇りを持っている仲間もいました。ただ、私はそのように誇りをもつことが出来ませんでした

関連記事会社を辞める勇気がない人へ送る、私が銀行を退職した理由。

そんな自分の職業・生き方に誇りをもてない人生を、父の死に直面した時に変えたいと強く思うようになりました。

決断をする

そして、銀行員としてのつまらないけれども確実な人生を捨てるという決断をしました。
その決断には多少の痛みが伴いました。

やはり、色々な人に反対されましたし、銀行員を辞めたことで捨てざるを得なかった人と人の縁もありました。

ですが、自分の置かれている環境を変えないことに自分の人生は変えられません。
だから銀行を退職するという道を選びました。

それは他の誰でもない自分だけの決断でした。
もちろん、家族の説得など色々と苦しいことはありましたが、結局は自分の人生ですから自分で決断していくしかありません。

自分の人生を変えるために

自分の人生を変えるために、選んだ道が「起業」という道でした。

銀行員はリスクを嫌う生き物だと思います。私ももちろんリスクが嫌いです。
そんな私が最初に起業をする領域に選んだのがネットビジネスでした。

理由は、リスクが低く、リターンが期待できるビジネスモデルを探していたら、ネットビジネスにたどり着いたからです。

関連記事【起業家志望必見!】ローリスクハイリターンで稼ぐ方法とは?

人生を変える方法とは?

人生を変える方法は、自分が置かれている環境を変えることが簡単に出来る方法です。
私の場合は、職業を銀行員から自営業者に変えました

他にも引っ越しも環境を変えることになりますから、人生を変える方法としては有効でしょう。
学生時代、地元から大学進学のために引っ越してきて、様々な人と出会い、人生が変わった経験を多くの方がされていると思います。

転勤なども同様ですよね。

このように、何か1つでも環境を変えることが出来れば人生が変わってくるはずです。

今の人生に悶々とされている方は、自分の環境を変える方法を模索してみれば良いのではないでしょうか?

働くスタイルが変わる!?

私は、インターネットの登場によって働くスタイルが確実に変わってきていると思います。
今では、大手企業でもインターネットで外注化出来る部分は仕事を外注化する会社も出てきているようです。

その外注化が出来る理由も、インターネット上にある外注サービスを利用出来るからのようです。

このように、働くスタイルが変化している世の中ですので、労働者もそれに応じて働くスタイルを変える人が現れても何らおかしくはありませんよね。

インターネットにはまだまだ多くの可能性が秘められていると思います。

このインターネットの秘められた可能性を、ご自身が実感できる方法は、インターネットで実際にビジネスをしてみることだと思います。

私はメルマガで個人が自由に稼ぐ方法を無料で教えています。

個人が自由に稼ぐ方法などを詳しく知りたい方は下の画像をクリックしていただくとメルマガ登録のご案内ページにつながります。興味がある方は下のリンク画像をクリックしていただければと思います。

いつか仕事を辞めたいあなたへ~自由に生きる方法を無料メール講座でお伝えしています

フッター(最初)

無料メール講座登録はこちら↓

早大卒×元銀行員ネット起業家ハリーの無料メルマガ

3 Responses to “人生の転機とは突然やってくる!自分の決断が最も重要!”

  1. […] 関連記事:人生の転機とは突然やってくる!自分の決断が最も重要! […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ